2021年および2022年のオランダの祝祭日について

オランダにお住まいの方、または休暇でオランダに行かれる方。ここでは、2022年のオランダの祝祭日のリストをご紹介しています。この記事では、カレンダーに記録しておくべきその他の重要な日付も紹介しています。

オランダに住んでいる人も、オランダを訪れる人も、オランダの祝日の日付に注意を払うことが大切です。

このガイドでは、オランダの祝祭日とオランダのカレンダーの重要な日付をご紹介します。

オランダで最も人気のある祝日

オランダには重要な祝日がありますが、オランダの祝日の中には地域によって異なるものもあります。例えば、2月と3月に開催されるオランダのカーニバルには、いくつかの地域的な違いがあります。しかし、すべてのオランダ国民、そしてオランダを訪れる多くの旅行者にとって、国王の日はおそらくオランダ最大の祝祭日です。

オランダの祝日が土日に当たる場合、通常は他の曜日に移動することはありませんので注意が必要です。

2022年のオランダの祝祭日

1月1日(土):元旦(Nieuwjaarsdag)。
4月15日(金) – 聖金曜日(Gede Vrijdag) – 公務員のみが対象ですが、公式の祝日ではありません。
4月18日(月)-イースターマンデー(Pasen)。
4月27日(水) – 国王の日(Koningsdag)。
5月4日(水) – 国家記念日(Dodenherdenking) – ただし公式の祝日ではありません。
5月5日(木) – 解放記念日(Bevrijdingsdag) – 毎年祝われていますが、公式の祝日になるのは5年に1度です。
5月26日(木) – 昇天記念日(Hemelvaart)。
6月6日(月) – ホイットゥーン/五旬節(Pinksteren)。
12月25日(日) – クリスマス(Eerste Kerstdag)。
12月26日(月):クリスマス第2日目(Tweede Kerstdag)。

2022年のオランダの重要な日付

3月27日(日) – 夏時間 – 夏時間の開始に伴い、時計が1時間進む。
5月8日(日) – 母の日。
6月19日(日) – 父の日。
10月30日(日) – 冬時間 – 冬時間の開始に伴い、時計が1時間戻ります。
11月11日(金)- Sint Maarten Day(シント・マールテン・デー):子供たちが一軒一軒歌いながらお菓子を交換する日。
12月6日(火) – Sinterklaas(シンタークラース)公式の祝日ではありません。

オランダの祝日にはお店は休みですか?

祝祭日にはお店が閉まりますが、伝統的に日曜と月曜の朝(場合によっては月曜終日)にもお店が閉まります。大都市ではこの習慣を変えていますが、小さな町では通常、お店は閉まっています。ただし、Koopzondagというのは、お店が営業する日曜日が指定されているという意味です。

コメントする